技術動画

遠隔操作

模型用小型モータで力触覚を伝送する遠隔操作

低価格な模型用小型モータにリアルハプティクスを適用することで力触覚を有する装置を低コストに構築することが可能となります。 これにより、目下応用研究開発が大きく進んでいる産業分野にとどまらず、家電・ホビー・エンターテインメントなど幅広い民生分野においても、低価格な普及型製品への適用可能性が広がります。

力触覚伝送を有する遠隔PCR検体採取システム

リアルハプティクスによる力触覚伝送を有する非対面でのPCR検体採取を可能とする遠隔操作システムを開発しました。 医師と共に基礎検証を行い実用性を確認するとともに同システムで記録した医師の動作データにより自動で検体採取動作を再現可能であることを確認しました。

市販の協働ロボットのための力触覚伝送を有する遠隔操作システム

汎用力触覚ICチップ「AbcCore」により、市販の協働ロボットを使って力触覚を双方向に伝送する遠隔操作システムを実現。 市販の協働ロボットで「作業者の力加減を伴う動作」「作業対象のモノの感触」といった力触覚情報を双方向に伝送する遠隔操作システムを構築することが可能となります。また、協働ロボットの力加減を直感的に操作できるため、離れた場所からの安全・柔軟な遠隔作業が可能となります。

AbcCoreとインターネット回線を使った力触覚伝送

川崎市高津区かながわサイエンスパーク(KSP)と川崎市幸区のK2タウンキャンパス(K2)間を インターネット回線を通じて力触覚伝送による遠隔操作を行いました。

AbcCoreを使ったワイヤレス力触覚伝送

モーションリブのAbcCore同士を無線通信することで、ワイヤレスに力触覚を伝送することが可能です。